アルミニウムとは 展伸材の選定基準 物理的特性 機械的特性
◆機械的性質一般  ◆高・低温引張性質
◆機械的性質一般
   アルミニウムの機械的性質は、化学成分および調質により変化し、たとえば引張強さは、純アルミニウムの60N/mm2から7000系合金の600N/平方mmまで変化する。アルミニウムは鉄に比較し軟らかいという概念が強いが、この600N/mm2という値はS45Cクラスの炭素鋼に匹敵する。

 図4.1には引張試験における応力−ひずみ線図の一例を示す。また代表的なアルミニウム展伸材の標準的機械的性質を表4.1に示す。ただし、これらの値は厳密には製造方法、形状等により異なるので、目安値と考えるべきである。
表4.1 アルミニウム展伸材の標準的機械的性質 ※1 ※2
材 質 調 質 引 張 性 質 ブリネル
硬さ
(HBS
10/500)
※3
疲れ強さ
(N/
平方mm)
引張強さ
(N/
平方mm)
耐 力
(N/
平方mm)
伸 び (%)
1.6mm厚
(L=50mm)
12.5mm厚
(L=5D)
A1060

H12
H14
H16
H18
70
85
100
115
130
30
75
90
105
125
43
16
12
8
6





19
23
26
30
35
20
30
35
45
45
A1100

H12
H14
H16
H18
90
110
125
145
165
35
105
115
140
150
35
12
9
6
5
42
22
18
15
13
23
28
32
38
44
35
40
50
60
60
A2011
T3
T8
380
405
295
310


13
10
95
100
125
125
A2014

T4,T451
T6,T651
185
425
485
95
290
415



16
18
11
45
105
135
90
140
125
A2017

T4,T451
180
425
70
275


20
20
45
105
90
125
A2024

T3
T4,T351
T361
185
485
470
495
75
345
325
395
20
18
20
13
20

17

47
120
120
130
90
140
140
125
A2618
T61 625
530

10
115
18
A3003

H12
H14
H16
H18
110
130
150
175
200
40
125
145
170
185
30
10
8
5
4
37
18
14
12
9
28
35
40
47
55
50
55
60
70
70
A4032
T6 380
315

8
120
110
A5052

H32
H34
H36
H38
195
230
260
275
290
90
195
215
240
255
25
12
10
8
7
27
16
12
9
7
47
60
68
73
77
110
115
125
130
140
A5056

H18
H38
290
435
415
150
405
345



32
9
13
65
105
100
140
150
150
A5083

H321,H116
290
315
145
230


20
14



160
A6061

T4,T451
T6,T651
125
240
310
55
145
275
25
22
12
27
22
15
30
65
95
60
95
95
A6063

T1
T4
T5
T6
T83
T831
T832
90
150
170
185
240
255
205
290
50
90
90
145
215
240
185
270

20
22
12
12
9
10
12








25
42

60
73
82
70
95
55
60

70
70


A6N01

T5
T6
100
270
285
55
225
255


25
12
12
29
88
95

95
100
A7075
T6,T651
230
570
105
505
17
11
14
9
60
150

160
※1:出典 Aluminum standards and data (1988)、P30 : the Aluminum Assosiation
※2:これらの値は厳密には製造法その他により異なるので、品種、質別等による差異をみる目安値と考えるべきである。
※3:回転曲げによる 50×10の7乗 回疲れ強さ。
 
図4.1 応力−ひずみ線図
 

[戻る]

Copyright (C) 2002 WATANABE SHOJI Corporation.All Rights Reserved.